PLEJOUR | ミーレ・ショップ宮崎

ランドリー機器

Miele洗濯機

衣類はずっと美しく、おろしたてのような着心地を

ミーレは1901年に発売した洗濯機1号から約120年にわたり「洗濯」を考え続けています。ミーレのあるドイツは世界でも有数の洗濯に対するこだわりが強い国。汚れが落ちればいい、だけではありません。同時に衣類への影響を考えないといけません。ドイツをはじめ欧州では温水洗いが主流。日本ではなじみの薄い「温水」での洗濯は、衣類をケアするうえで非常に効果が高いのです。温水は汚れの原因となる皮脂やたんぱく質が溶けやすく無駄な力をかけずに優しく洗うため、
素材の保護にもつながります。一言に温水といっても20℃~90℃まで設定可能。素材や汚れ具合に応じて最適な洗濯ができます。大切にしている衣類や毎日肌に触れるものが、いつもキレイで肌触りがいいと嬉しいはずです。衣類の寿命が延びれば資源保護にも繋がります。

ミーレ洗濯機独自のハニカムドラム

ミーレ・ランドリー製品(洗濯機・洗濯乾燥機・衣類乾燥機)の大きな特徴ともいえるのが「ハニカムドラム」。蜂の巣状の構造で、ミーレのトータルランドリーケアの軸となる重要な特許技術*です。ドラムが回転し始めると鉢の巣状の凹凸によりドラムの表⾯に水または空気の薄い膜が形成され、ドラムと⾐類間のクッションがわりに。⾐類を滑るように動かすことで、摩擦や衝撃によるダメージを最⼩限に抑えます。またドラム孔を⼩さく設計することで、⽑⽟や伝線を防⽌し、うっかりポケットに残っていた異物を排⽔ポンプに詰まらせるのを防ぎます。